バイオ(微生物)による油・VOCの汚染の浄化、土壌・地下水汚染の対策、排水の処理を実現するバイオレメディエーション

株式会社 バイオレンジャーズ

HOME > サービス > トリータビリティサービス

トリータビリティサービス

バイオ製剤の“効き目”を、汚染対策の立案前にしっかりと検証します。

サービスの特長

バイオレンジャーズでは、浄化対策を実施する前に、バイオ製剤の有効性を確認する「トリータビリティサービス」を行っています。

浄化対象となる土壌・排水をお送りいただき、当社の提供する複合バイオ製剤「オッペンハイマーフォーミュラ」による汚染物質の分解効果を確認。事前に試験を実施することで無駄のない浄化計画を立案することができます。検証期間は短く、試験費用もかからないため、浄化対策ご検討の際にお気軽にお試しいただけます。

短期間で検証が可能

サンプルのご提供から
1~3週間で試験結果をご報告します。

浄化対策の確実性が向上

事前にバイオ製剤の有効性を
確認することで、確実性の高い浄化対策を
実施することが可能になります。

試験費用が安い

浄化対象土壌・排水のサンプルを
ご提供いただければ、
安価で試験を実施します。

ページトップヘ

サービスフロー

お客様から、浄化対象となる土壌・排水のサンプルをご送付いただき、「オッペンハイマーフォーミュラ」による分解試験を行います。試料ご送付から1~3週間程度で試験結果をご報告します。試験の結果、バイオ製剤の適合性が確認できれば、具体的な浄化計画を立案します。

オッペンハイマーフォーミュラオッペンハイマーフォーミュラ

お問い合わせ

試料ご送付

浄化対象土壌・排水をご送付いただきます。

分解試験

「オッペンハイマーフォーミュラ」による分解効果を試験します。

結果報告

適合性の有無をご報告します。

浄化完了

浄化計画立案へ
適合性が確認できれば、浄化計画を立案します。

他の対策検討へ
適合性が認められない場合は、他の浄化対策を検討することになります。

ページトップヘ

試験の概要

  土壌汚染 排水
必要試料 実汚染土壌(1~2kg) 排水(500ml)
試験結果  1週間~(ご相談に応じます) 3日~(ご相談に応じます)
分析項目 処理前後における全石油炭化水素量(TPH)GC法 微生物の増殖確認(目視による汚泥生成観察、SV30)
臭いの変化、色(透明度)の変化の観察
その他のオプションとして、公定分析も承ります(分析費用は別途とします)
報告期間 2週間(試験期間による)  2週間(試験期間による)

ページトップヘ