バイオ(微生物)による油・VOCの汚染の浄化、土壌・地下水汚染の対策、排水の処理を実現するバイオレメディエーション

株式会社 バイオレンジャーズ

HOME > サービス > 土壌・地下水汚染浄化対策サービス > 土壌・地下水汚染対策の浄化工法

土壌・地下水汚染対策の浄化工法

豊富なノウハウと丁寧なコンサルティングで、汚染現場に合わせた最適な工法をご提案します。

原位置浄化(On-site)

原位置攪拌法

汚染⼟壌にバイオ製剤や栄養剤などを混合した⽔溶液を散布し、バックホウなどで攪拌する⼯法です。実施には広い場所の確保が必要となりますが、攪拌することで、バイオ製剤の効果を引き出すことができ、汚染物質が比較的浅い場所にある場合はこの工法で実施します。

原位置注入法

汚染された土壌を掘削することなく浄化する工法です。ボーリングマシンなどで直接注入したり、井⼾(注⼊井)を設置し、バイオ製剤や栄養剤、酸素などを注入します。対象土壌の上に建物などが設置されていても対策・措置工事を実施することができます。

地下水浄化

バイオ製剤と、当社独自開発の排水処理装置を組み合わせた浄化システムです。油やベンゼン、トリクロロエチレンなどを効果的に分解・除去し、地下⽔を浄化します。

トルネード式生物反応システム

ページトップヘ

場内処理(In-site)

ランドファーミング法

汚染⼟壌を掘削した後、所定の場所に移動し、バイオ製剤と栄養剤を添加・混合しながら攪拌する⼯法です。汚染⼟壌を地表に出して攪拌することで、通気性を良くし、微⽣物の働きを活性化させます。バックホウや混合機と、広い場所が必要となります。

バイオパイル法

汚染土壌をパイル状に積み上げ、その中に埋設した配管から酸素を強制的に通気して、微生物による汚染物質分解を促進する工法です。限られたスペースで浄化を行う際に適しています。

ページトップヘ