バイオ(微生物)による油・VOCの汚染の浄化、土壌・地下水汚染の対策、排水の処理を実現するバイオレメディエーション

株式会社 バイオレンジャーズ

HOME > バイオレンジャーズの浄化対策

バイオレンジャーズの浄化対策

「オッペンハイマー・バイオレメディエーション」で安全・確実に汚染物質を分解します。

バイオレンジャーズは、「バイオレメディエーション」を活用した土壌・地下水汚染浄化対策のプロフェッショナル集団として、さまざまな現場の汚染浄化を手がけてきました。

浄化に用いるのは、油やVOCに対して優れた分解効果を発揮し、国内外で多数の実績をもつ複合バイオ製剤「オッペンハイマー・フォーミュラ」です。当社は、このバイオ製剤を取り扱う国内唯一の企業として、「オッペンハイマー・バイオレメディエーション」という独自の浄化手法で、安全かつ確実に汚染物質を分解、土壌や水質を浄化し、環境を甦らせます。

オッペンハイマー・バイオレメディエーションによる汚染浄化

オッペンハイマー・バイオレメディエーションによる汚染浄化

確実な浄化手法
効果の高いバイオ製剤
豊富な浄化実績

確実な浄化手法:バイオレメディエーションの中でも効果の高い「バイオオーグメンテーション」で確実な浄化が可能です。

バイオレメディエーションには、2つの手法があります。ひとつは、栄養剤を添加し、土着の微生物の働きを活性化させる「バイオスティミュレーション」。もうひとつは、あらかじめ培養した微生物を添加して行う「バイオオーグメンテーション」です。

従来よく行われている「バイオスティミュレーション」では、土着の微生物と汚染物質の相性がマッチするとは限らず、効果が不安定でした。

「バイオオーグメンテーション」のポイントは、現場の汚染物質を見極めた上で、浄化効果の高い微生物を添加すること。この微生物が、狙い通りに汚染物質を分解し、確実な汚染浄化が可能になります。

バイオレンジャーズは、この「バイオオーグメンテーション」を採用しています。

「バイオスティミュレーション」と「バイオオーグメンテーション」の比較

「バイオスティミュレーション」と「バイオオーグメンテーション」の比較

ページトップヘ

効果の高いバイオ製剤:複合バイオ製剤「オッペンハイマーフォーミュラ」があらゆる油・VOCを分解します。

油やVOCなどの汚染物質は、炭素や水素などから成る化合物であり、その組成は物質ごとに異なります。たとえば、「油汚染」と一言でいっても、実際には組成の異なる複数の油により汚染されていることも少なくありません。

バイオレンジャーズが浄化対策で使う「オッペンハイマー・フォーミュラ」は、自然界に生息するさまざまな微生物を組み合わせて開発された複合バイオ製剤です。油やVOCの分解を得意とする微生物が複数集まり、浄化力を発揮することで、あらゆる組成の油・VOCを分解します。

オッペンハイマー・フォーミュラの分解試験結果

各種石油製品の分解試験
各種石油製品の分解試験 DITA:生分解試験物質(Diisotridecyl Adipate)。CEC(欧州規格諮問委員会)の生分解性試験に使用される標準物質。

処理前後の組織変化(処理前を100%とする)
処理前後の組織変化(処理前を100%とする)

ページトップヘ

豊富な浄化実績:国内外での豊富な浄化実績をもち、「安全性」と「有効性」が実証されています。あらゆる油・VOCを分解します。

「オッペンハイマー・バイオレメディエーション」はバイオレメディエーションによる油汚染浄化では世界No.1の実績をもち、アメリカ環境保護庁の国家緊急対応計画(NCP)に登録されるなど、その効果と安全性が実証されています。

日本でも400件以上の浄化実績があり、数々の公的機関の研究開発助成に採用されるなど、安全・有効な油汚染対策手法として注目を集めています。

「オッペンハイマー・バイオレメディエーション」の主な海洋油汚染への適用

地域 内容
1990 アメリカ メガ・ボルク号爆発事故
1997 日本 ナホトカ号重油流出事故
2010 アメリカ メキシコ湾原油流出事故
2010 中国 大連原油流出事故

ページトップヘ