株式会社 バイオレンジャーズ

バイオ(微生物)による油・VOCの汚染の浄化、土壌・地下水汚染の対策、排水の処理を実現するバイオレメディエーション

HOME > 土壌・地下水汚染浄化の最前線 > トリータビリティ試験~「オッペンハイマー・フォーミュラTM」を適用した土壌・地下水汚染浄化に向けて~

Technology Column土壌・地下水汚染浄化の最前線

Vol.2トリータビリティ試験~「オッペンハイマー・フォーミュラTM」を適用した土壌・地下水汚染浄化に向けて~

トリータビリティ試験とは

トリータビリティ試験(バイオ処理適合性試験)とは、その名の通り、微生物浄化の適合性を判定する試験である。弊社では、多種多様な汚染物質に対応するため、複合バイオ製剤「オッペンハイマー・フォーミュラTM」(微生物コンソーシア)を使用し、土壌・地下水汚染浄化対策前に、トリータビリティ試験の実施を推奨している。試験では、実現場で採取した土壌・地下水試料を用い、浄化対象となる土壌・地下水や対象物質の微生物に対する増殖阻害性の有無を確認することができる。これらの確認のため、あらかじめ効果が確認されている複合バイオ製剤を用いることで、短期間かつ低コストでの判定が可能である(試験開始から報告まで2週間~)。

オッペンハイマー・フォーミュラΙの写真 オッペンハイマー・フォーミュラ Ι
Dr. Carl H. Oppenheimerの写真 Dr. Carl H. Oppenheimer

ページトップヘ

試験対象試料

試験には、実現場で採取した土壌・地下水を使用する。それらは、多種多様であり、特に、土壌は粘性土や砂質土などの性状が異なることはもちろん、土壌粒子の粒径が異なるなど均一性に欠ける。そこで、試験前に4mm程度の篩いにかけて粒径を揃えることや、含水率を調整、混合撹拌を適宜行うことで、試料の均一性を保つようにしている。

ページトップヘ

分析・測定項目(油汚染土壌・地下水)

分析項目は、対象物質の指標となるTPH(Total Petroleum Hydrocarbonの略、全石油系炭化水素のことで、一般に土壌や地下水に含まれる燃料油や潤滑油等の石油製品の定量結果のことを指す。)、測定項目は、全微生物数、pH、窒素(アンモニア態窒素、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素)・リン(リン酸態リン)、油臭・油膜である。

TPHの分析法としては、GC-FID法(水素炎イオン化検出器付きガスクロマトグラフ)、IR法(赤外分光法)、ノルマンヘキサン抽出法(重量法)がある。弊社は、主にGC-FID法を第三者の分析機関に依頼している。全微生物数は、直接顕微鏡法によるDirect Countである。培地のバイアスがかからず、自然環境中の微生物観察には最も適している。pH、窒素(アンモニア態窒素、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素)・リン(リン酸態リン)は、パックテスト等の簡易測定キットにより測定する。油臭・油膜は、油汚染対策ガイドラインに準拠(油膜はシャーレ法)して数値化する。

ページトップヘ