バイオ(微生物)による油・VOCの汚染の浄化、土壌・地下水汚染の対策、排水の処理を実現するバイオレメディエーション

株式会社 バイオレンジャーズ

HOME > バイオレメディエーションとは?

バイオレメディエーションとは?

低コストで環境負荷の低い油・VOC汚染の浄化対策手法です。

土壌・地下水汚染の浄化対策には、掘削除去や汚染物質の吸引、化学分解などさまざまな手法があります。

バイオレメディエーションは、微生物や菌類、植物がもつ分解能力を用いて、油やVOC(揮発性有機化合物)などの汚染物質を除去する土壌・地下水浄化手法です。他の浄化手法に比べ、コストパフォーマンスが高く、生態系に与える影響が少ない技術として近年注目を集めています。

バイオレメディエーションと土壌・地下水浄化技術との比較

バイオレメディエーションと土壌・地下水浄化技術との比較

油・VOCの分解に強い
環境負荷が低い
コストパフォーマンスが高い

油・VOCの分解に強い:油やVOCを水と二酸化炭素に分解する、微生物の働きを活かした手法です。

土壌や海洋、地下水など自然界には、多種多様な微生物が生息しています。その中には、エネルギー源として油やVOCを摂取し、水と二酸化炭素に分解する微生物が存在します。

バイオレメディエーションは、そうした微生物の働きを最大限に活用し、汚染された土壌や地下水を効率的に浄化します。

微生物による分解のイメージ

微生物による分解のイメージ

ページトップヘ

環境負荷が低い:廃棄物や二次処理を必要とせず、汚染物質を除去します。

土壌・地下水汚染の浄化では、浄化に伴って発生する廃棄物や、浄化後の土壌・水域へのダメージの問題が課題とされていました。

しかし、バイオレメディエーションは、汚染土壌や排水を移動させることなくその場で浄化するため、廃棄物の心配がありません。また、汚染物質を分解した後、微生物は自然と消滅するので、生態系への影響もほとんどありません。

生態系への影響イメージ

生態系への影響イメージ

ページトップヘ

コストパフォーマンスが高い:大がかりな設備や工事を必要とせず、高いコストパフォーマンスを実現します。

バイオレメディエーションでは、汚染された土壌や地下水に、有用な微生物からつくられたバイオ製剤や栄養剤を直接投入して浄化します。そのため、大がかりな設備や敷地外への土壌や排水の搬出を必要とせず、高いコストパフォーマンスを実現します。

バイオレメディエーションの必要要素

バイオレメディエーションの必要要素

ページトップヘ